リプロスキンに含まれている成分からニキビやニキビ跡に対する効果を見てみたいと思います。

リプロスキンには次のような成分が含まれています。

[有効成分]
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)

[その他の成分]

  • 精製水
  • 濃グリセリン
  • ジプロピレングリコール
  • 1,2-ペンタンジオール
  • フェノキシエタノール
  • ポリオキシエチレンメチルグルコシド
  • クエン酸ナトリウム
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • ポリオキシエチレンヤシ油脂脂肪酸ソルビタン(20E.O.)
  • 大豆リン脂質
  • 香料
  • スクワラン
  • D-マンニット
  • グルコン酸ナトリウム
  • クエン酸
  • ワルテリアインディカ葉エキス
  • デキストリン
  • フェルラ酸
  • 1,3-ブチレングリコール
  • コラーゲン
  • トリペプチドF
  • 海藻エキス(1)
  • ソルビン酸カリウム
  • コメヌカスフィンゴ糖脂質
  • 水素添加卵黄レシチン
  • 卵黄リゾホスファチジルコリン
  • アマチャヅルエキス
  • コメヌカエキス
  • アロエエキス(2)
  • ゼニアオイエキス
  • 酵母エキス(3)
  • 水溶性コラーゲン液(4)
  • ダイズエキス

上記の通り、リプロスキンには非常に多くの成分が含まれていますが、もっとも重要なのは「有効成分」です。有効成分は、医薬品もしくは医薬部外品しか記載することができず、その医薬品もしくは医薬部外品が効能・効果として挙げている内容に対して医学的に一定の効果が期待できると立証され、薬事法で承認されている成分のことです。

よって、リプロスキンに記載されている「効能・効果」に対して含まれている「有効成分」が威力を発揮するということです。

その他成分に関しては、保湿や美容に効果があると言われている成分もありますが、これは医学的に立証されているわけではなく薬事法でも承認されているわけではありません。そのため、私は基本的にはその他成分に記載されている成分はあまり気にしないようにしています。

リプロスキンは医薬部外品?

「有効成分」の記載は、医薬品もしくは医薬部外品しか記載できないと書きましたが、リプロスキンはどっちなのでしょうか? 一般的なスキンケアは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されます。記載されている効能・効果に関して、より効果が期待できる順は次の通りです。

rakuten4医薬品>医薬部外品>化粧品

リプロスキンは、図に記載されている通り「医薬部外品」に該当します。ということは、一般的な化粧品よりも効能・効果に対して期待ができるということです。それでは、リプロスキンの効能・効果はいったいどういったものなのか?

リプロスキンの効能・効果

reproskin1それでは、リプロスキンに記載されている次の通りです。

  • あせも・しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ
  • ニキビを防ぐ
  • 油性肌を防ぐ
  • かみそり負けを防ぐ
  • メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミやそばかすを防ぐ
  • 日焼け・雪焼け後のほてりを防ぐ
  • 肌をひきしめる
  • 肌を清潔にする
  • 肌を整える
  • 皮膚を健やかに保つ
  • 皮膚にうるおいを与える

リプロスキンは、医薬部外品なので一般的な化粧水よりは、上記の効能・効果が期待できるということになります。

リプロスキンの有効成分

リプロスキンの有効成分は、グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)の2つです。この2つの成分により前述した効果が期待できるということです。どちらも美容成分として認知度の高い成分です。

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症作用があるため赤ニキビや黄ニキビの炎症を抑える効果があるほか、抗アレルギー薬としても使われています。

そして、プラセンタエキスですが、実はこれがとても優れもの。リプロスキンの値段が高いのも恐らくこのプラセンタエキスが入っているためだと思います。プラセンタとは胎盤のことで、胎盤から栄養素や美容成分を抽出したものがプラセンタエキスです。胎盤は、約10ヶ月で人間を作り出すほどの、人間にとっては必要な栄養素が豊富に含まれている場所です。

プラセンタエキスには次のような効果があると言われています。

  • 美白効果
  • 保湿作用
  • 抗炎症効果
  • 自己免疫力の向上
  • 新陳代謝の活性化
  • 細胞を健やかにする
  • 血流向上
  • 肝臓強化の働き
  • 活性酸素除去